ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地HOME > 観光スポット > 土佐市ハイパー風土記 > ふるさと小辞典

ふるさと小辞典

ふるさと小辞典

土佐市の人物紹介
土佐市関連の歴史的人物を紹介します。まだ、よく研究されていない人物もありますので今回紹介した人物を含め知っていることがあれば、メールしてください。

ジョン万次郎と宇佐港

ジョン万次郎と宇佐港

天保12年(1841)の正月5日、宇佐を出た?隻の延縄(はえなわ)漁船が、足摺沖で操業中、冬の嵐に巻き込まれた。船頭は宇佐浦の筆之丞(改め伝蔵)で、弟の重助と五右衛門・隣家の寅右衛門、幡多郡中ノ浜の万次郎の五人が乗り組んでいた。強風に吹き流され、やっと10日後鳥島に漂着する。アホウドリの肉や海藻で飢えをしのぎ、岩問の溜まり水を飲んで命をつなぐうち、餓死寸前の5カ月後、アメリカの捕鯨船ジョン・ハウランド号に救助された。

ホイットフィールド船長は、最年少の万次郎を見込み「ジョン」と名づけ、鯨を追って世界一周の航海に同行させた。さらに、アメリカ本土へ連れて帰り、2年間学校に通わせ、彼は航海・測量の技術を学んだ。ハワイのオアフ島に残った4人の内、重助は間もなく病死。気落ちした3人に、ハワイ王カメハメハ三世から土地を与えられ、芋などを作るかたわら漁にも出て、月日は流れた。その間、万次郎は捕鯨船に乗り組み、また、カリフオルニアの金山で働いて資金を作り、オアフを訪ねて日本へ帰る相談をした。寅右衛門は現地に残ったが、3人は便船に乗り、ようやく帰国の途についたのであった。

宇佐を出て10年ぶりの嘉永4年(1851)、沖縄に上陸した。おりしも、外国船の出没に海外知識の必要性を感じていた薩摩藩では、この漂民を厚遇して国外事情を聴聞し、薩摩が国を挙げて近代化に乗り出す指標とした。

土佐藩でも絵師河田小龍に命じ、万次郎から詳細を聞き出し、見聞録「標巽紀略」(ひょうそんきりゃく)にまとめた。その後、小龍の知識は坂本龍馬に伝えられて、龍馬の視野を大きく開いた。万次郎は藩の士分に取り立てられたが、すぐ幕府の役人に召し抱えられ、ペリーの書簡を翻訳したり、咸臨丸の太平洋横断に同行するなど、その活躍は目覚ましかった。

宇佐の港から標流した一隻の漁船が、幕未の日本に海外の知識を持ち帰り、新しい時代の開幕に大きな役割を果たしたのである。

中島 信行

中島 信行

暮末も押し詰まった元治元年(1864)11月、けわしい予土国境の間道を、必死に急ぐ若者がいた。土佐勤皇党に対する弾圧と、風雲急を告げる国事を憂え、脱藩を志した細木元太郎・中島信行・中島与一郎の3人であった。途中で足を痛めた与一郎は、池川郷水の峠の大師堂に潜伏中、追跡の役人に取り囲まれて自害。虎口を脱した二人は無事長州へ渡る。

当時、土佐勤皇党のほとんどは、郷士や庄屋階層であった。武士階級には上士と下士の身分差別が根強く残っており、藩支配の枠組みに疑問を投げかけた天保庄屋同盟は、土佐勤皇党の思想的な背景として、大きな役割を果たし、後の自由民権運動のもとになったと言われている。坂本龍馬は郷士、中岡慎太郎は庄屋の出であった。庄屋層と郷士は手を結ぴ、藩の方針に逆らい維新を目指した。中島信行は弘化3年(1846)高岡郡塚地村(現土佐市塚地)の郷士の家に生まれた。新居村の与一郎とは従兄弟の間柄、元太郎も同村の庄屋の伜で、中島家とは姻戚関係である。脱藩後、信行は長州の遊撃隊に参加し、高杉晋作とともに歴戦。さらに長崎に出て龍馬の海援隊に加わり、いろは丸事件で活躍。龍馬の死後は陸援隊に移り、田中光顕・大江卓などと高野山の挙兵に参加した。

維新後は徴士となり、兵庫県判事・大蔵省紙幣権頭・租税権頭・神奈川県令などを経て、元老院議官の要職に進んだが、藩閥政治の打破と、国会開設運動の高まりのなかで、官界を退き、明治14年板垣退助と共に自由党を結成、副総理となった。妻を亡くしていた信行は、明治17年、女流民権運動の闘士、男女同椎論者の岸田俊子(湘煙)と結婚する。明治23年第1回総選挙で当選、初代衆議院議長に就任。同25年にはイタリア特命全権公使、同27年に勅選貴族院議員、同29年男爵を授けられたが、同32年(1899)神奈川県大磯において54歳で病没した。

勤皇の志士から民権運動の闘士となった信行は、元来フェミニストでもあったようだ。

西原 清東

西原 清東

清東は、文久元年(1861)高岡郡出間村(現土佐市出間)の郷士の家に生まれた。明治8年15歳で高知陶冶学校に入学。しかし、校風になじめず、明治10年立志社に移り、板垣退助の自由民権論に共鳴し、勉学のかたわら民権運動の闘士として成長した。

一方、郷里出間の若者に呼ぴかけ、『出間勤学会』を興し、自費を投じて図書の充実に努めた。やがてこの夜学会は各地に波及し、民権運動の拠点として拡大していった。清東の立志社における抜群の成績と、その行動カが評価され、明治14年福島県三春の学塾・正道館へ講師として招かれた。感化を受けた館生の中には、後に福島事件・加波山事件に参画し、犠性になった者も多い。

明治19年代言人(弁護士)試験に合格、高知で開業。民権運動に対する弾圧が続く中で、清東はその年、知事官邸への暴漢乱入事件の嫌疑を受け、一年あまり拘留されたが無罪。明治22年神戸に移り代言人を開業、そのころキリスト教の洗礼を受ける。国会の開設以降、選挙干渉などの弾圧に対し、法廷闘争で敏腕を振るう。明治31年第6回総選挙で当選し、片岡健吉の側近として活躍した。翌明治32年、同志社大学総長に就任。当時キリスト教偏重教育の理由で、徴兵猶予の特典を奪われ、学園存立の危機にあったが、清東の奔走でその回復を実現させた。

しかし、明治35年突如すべてを投げ捨て、イギリス、続いてアメリカに渡り、神学校に入学。2年後ヒユーストン近郊ウェブスターに農場を創設し、家族や郷党の青年を呼ぴ寄せ、本格的に米作を始め、テキサスのライス・キングの異名を得るまでに成功する。その問、新天地を求め、南米や台湾にも足跡を残した。

昭和14年(1939)、清東は79歳の波乱の生涯を閉じ、ウェブスターの地に眠っている。平成元年は西原清東の没後50年にあたり、これを記念して、三春町より寄贈の滝桜の苗木が、市民公園に植えられた。清東と三春のえにしを、この桜が永く伝えることであろう。