泌尿器科

HOME > 泌尿器科

 掲載日 : 2018/05/01

泌尿器科の特色

泌尿器科は腎臓・尿管・膀胱・前立腺・男性生殖器を担当する科です。腎臓癌、膀胱癌、前立腺癌や副腎腫瘍などの泌尿器系腫瘍や前立腺肥大、尿路の感染症、排尿障害、尿失禁性機能障害、尿路結石治療に力を入れています。尿路結石治療では新たに体外衝撃波尿路結石破砕装置を導入しました。強力な破壊力で石を壊しますが痛みもほとんどなく、通院での治療が可能です。現在常勤医師2名が日本泌尿器科学会の指定した専門医・指導医の資格を有しており、大学病院と連携しながら先進医療や内視鏡・腹腔鏡などの低侵襲手術を積極的に取り入れております。また、慢性腎不全患者さんの保存期の治療や透析患者さんのシャント手術なども行っています。

体外衝撃波尿路結石破砕装置の画像

体外衝撃波尿路結石破砕装置

医師紹介

小松 文都

小松副院長

出身大学

昭和62年 宮崎医科大学医学部卒

資格

日本泌尿器科学会専門医・指導医
高知大学医学部臨床教授
医学博士


吉道 丈

吉道 丈

出身大学

平成10年 高知大学医学部卒

資格

日本泌尿器科学会専門医・指導医