沿革

HOME > 沿革

 掲載日 : 2016/03/31

病院事業の沿革

昭和27年5月15日 開院(高岡地区国民健康保険病院組合立高岡病院)
昭和29年3月31日 町村合併により、高岡町立高岡病院と改称
昭和34年1月1日 市制施行により土佐市立高岡病院と改称
昭和38年8月1日 土佐市立土佐市民病院と改称
昭和56年10月23日 人間ドック開設
昭和58年4月1日 健康管理センター併設
昭和59年4月1日 医事管理システム(コンピューター)導入
昭和62年6月8日 食事サービス改善(6時給食)
昭和63年1月27日 (社)日本病院会「優良短期人間ドック施設」指定
平成元年6月1日 外来・全科終日診療開始
平成2年4月1日 高知医科大学との提携・病院長着任
平成6年3月18日 人工透析棟増築工事完了
平成10年4月1日 トータルオーダリングシステム導入
平成10年9月17日 土佐市病院連絡会(井上・白菊・土佐)で連携強化
平成11年10月1日 開放型病院認可 (病床・CT、MRIのオープン化)
平成15年5月21日 自治体立優良病院 会長表彰 受賞
平成16年3月31日 臨床研修協力型病院指定
平成18年11月1日 第1期工事(手術棟(免震)・エネルギーセンター(耐震))完成
平成20年4月1日 第2期工事(病棟(免震)・診療棟(免震))完成
平成20年10月31日 病院全面改築事業全工事完成引渡し
平成22年2月26日 PACS(医用画像保管通信システム)導入
平成24年4月1日 院内保育所「にこにこきっず」 開所
平成24年12月1日 開院60周年記念祝賀行事挙行(ふれあい行事として継続)
平成26年10月10日 災害拠点病院 指定
平成26年10月10日 DMAT指定医療機関 指定
平成26年7月1日 地域包括ケア病棟 設置
平成27年7月1日 透析患者送迎サービス 開始
平成28年2月1日 電子カルテシステム 導入