ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地HOME > 観光スポット > 土佐市の味自慢

土佐市の味自慢

南国に春を呼ぶ果物 土佐文旦

南国土佐で生まれたみかんの王様、土佐文旦。高知県を代表するフルーツです。味はもちろん香りの良さにも定評があります。新鮮な文旦は、まずその独特の芳香を楽しんで、十分に熟した果肉を味わう。これが究極の食べ方です。


メロンをはじめ多彩な顔ぶれ 果物

一年を通じて温暖な気候に恵まれた土佐市は、柑橘類など果物の栽培に適した土地柄。太陽の恵みをいっぱいに受けて育った果物は、どれも輝いています。初夏の味覚の小夏やポンカン、温州みかん、メロン、スイカなどもとっても美味。土佐市は、フルーツ王国なのです。


風味豊かな海の贈り物 カツオ


太平洋でとれた新鮮なカツオ。本場の味が、タタキ、生節、鰹節と豊かな風味が多彩な顔でそろいます。高知県の中でも、土佐市宇佐町は昔からカツオ漁の盛んなところで、そのカツオをつかって生まれたのが土佐節と言われる鰹節。その上品な風味は、まさに日本の味です。


宇佐の新名物 うるめ

宇佐のうるめは一本釣り漁法で、鮮度が全国トップクラス。うるめはこれまで、伝統の丸干しの加工品が一般的でしたが、脂ののったうるめの握り寿司や、つみれ汁、パスタソースなど美味しい食べ方もたくさん。鮮度抜群の宇佐の一本釣りうるめだからこそ食べられる刺身は、まさに絶品です。


新鮮な野菜や果物がどっさり  高岡の日曜市

地元の人たちが丹精こめて作った新鮮な野菜や果物、魚介類などがずらりと並んだ高岡の日曜市。その豊かな幸を媒介に、土佐弁が飛び交う暖かい光景が繰り広げられ、おおらかで明るい土佐の素朴な人情に触れられます。(期間:毎週日曜日午前中・高岡町本町日曜市通り)


取れたての魚をぜひ 宇佐土曜市

宇佐町宇佐漁協魚市場(宇佐町漁村センター前)で、毎週土曜日(宇佐港まつり期間中は除く)に行われる市で、漁師が釣ったばかりの魚を直販します。


土佐市の名酒 地元に選ばれた酒

「亀泉」は波介川から南へ入った山間の集落、出間(いずま)で作られています。藩政時代の参勤交代の街道、宿毛街道の脇に湧き出る清水はどんな干ばつにも枯れることがなく、その街道一の水を仕込み水に使ったことから、万年の泉「亀泉」と名付けられました。