ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地HOME > 水難事故から大切な命を守るために

水難事故から大切な命を守るために

印刷用ページを表示する  掲載日 : 2011/07/24
水難事故から大切な命を守るために    

救助者

これからの時期、で遊ぶ機会が増えてくるでしょう。しかし、残念ながら同様に水難事故も増えてくるのが現状です。楽しい時間を過ごすためにも水の事故に遭わないように十分注意し、水難事故から大切な命を守りましょう。       水の事故を防ぐための注意事項       
  • 波の高い日や流れの速い川には近づかない。(川が増水しているときも同じです。)

  • 体調の悪いときや飲酒したときは泳がない。

  • 付近に誰にもいないところで、一人で泳がない。

  • 子供同士の水遊びは避けて、大人が付き添うこと。

  • 遊泳するときは、適度に休憩をはさむ。

  • 自分の技術を過信し、沖には出ない。

  •      万が一溺れている人を発見したとき      
  • 一人で助けようとせず、周囲に助けを求めましょう。

  • 速やかに消防署へ連絡すること。

  • 浮き輪等があれば近くに投げる。

  • 棒などがあれば差し伸べ、岸から救助するなど安全な方法を考える。

  • 溺れている人がいても、決して自分が泳いで救助に行かないこと。

  • (慌てた対応により二重遭難・二次災害の発生リスクが高まるからです。

             いざという時のために         
     土佐市消防本部では、心肺蘇生法及びAEDの使用に関する【普通救命講習】の受講者を随時受け付けております。。
     詳しくは、土佐市消防本部警防課救急救助班【088-852-0001】までお問い合わせください。