ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地HOME > 住宅の耐震化について

住宅の耐震化について

印刷用ページを表示する  掲載日 : 2016/05/18

 次の南海地震が発生すると、阪神・淡路大震災のような建物の倒壊による被害と、東日本大震災のような津波による被害が重なる可能性があると言われています。
 家の中にいて、住宅が倒壊すると、直接命の危険があるだけでなく、津波や火災などからの避難ができなくなってしまう可能性があります。また、倒壊した住宅が隣接する避難路を塞いでしまう場合もあります。
 昭和56年5月以前の旧耐震基準で建築された建物は、特に倒壊の危険性が高いと言われています。南海地震に備え、住宅の耐震化を行いましょう。

 市では住宅の耐震化を促進するため、住宅の耐震化を行う方に対して、予算の範囲内で助成・補助を行っています。
 木造住宅については、高知県の登録を受けた業者が耐震診断、施工等を行うことが要件となります。
 実施につきましては、耐震診断→耐震改修設計→耐震改修工事の順番で事業を進めていただくことが要件となります。(ただし、次の段階に進むことが義務付けられるわけではありません。)
 申請受付は先着順とし、予定数になり次第締め切ります。また、事前に着手された場合は事業の対象外となりますので、ご注意ください。



リフォームのついでに耐震化をご検討ください

 住宅のリフォームをされる場合、ついでに耐震化工事を行うことで、耐震改修補助金を活用できる場合があります。
 また、耐震改修補助金の対象外となる住宅(建築時期が昭和56年6月以降の場合等)についは、リフォーム工事への補助金(都市環境課)もあります。



土佐市木造住宅耐震診断士派遣事業

 この事業は、木造住宅の耐震性を調査する「耐震診断」を希望される方に「高知県木造住宅耐震診断士」を派遣し、診断費用の一部を助成するものです。

○対象住宅 
 昭和56年5月31日以前に建築された木造住宅で、在来軸組工法・伝統工法・枠組壁工法で建てられたもの。(長屋、共同住宅、併用住宅を含み、持ち家又は貸家の別を問わない。ただし、販売を目的とするものを除く。)

○診断費用 
 無料

○申込み
 「土佐市木造住宅耐震診断申込書」に、家屋の建築年が分かるもの(登記簿や、固定資産税納付書に付いている課税明細書などの写し)、家屋の位置図(住宅地図の写し等)を添えて、市防災対策課までご提出ください。

募集締切:平成29年1月10日(火)
ただし、予算額に達した場合は、上記の日以前に募集を打ち切ることがあります。





土佐市非木造住宅耐震診断費補助事業

 この事業は、非木造住宅の耐震診断を行う方に対し、費用の一部を補助するものです。

○対象住宅
 昭和56年5月31日以前に建築された鉄骨造、鉄筋コンクリート造及びこれらの構造と木造との混構造の住宅。(長屋、共同住宅、併用住宅を含み、持ち家又は貸家の別を問わない。ただし、販売を目的とするものを除く。)

○要件
 構造設計一級建築士証の交付を受けた建築士又は財団法人日本建築防災協会の「耐震診断、耐震改修を実施する建築士事務所」一覧に掲載されている建築士事務所に所属する建築士が行うもの。


○補助金額
 耐震診断にかかった費用の一部(一棟あたり上限3万円)



土佐市住宅耐震改修設計費補助事業

 この事業は、耐震診断の結果、耐震性に問題があるという診断結果の出た木造・非木造住宅について、耐震改修の前段階として耐震改修設計書を作成する費用に対し、費用の一部を補助するものです。

○要件 
 ・土佐市木造住宅耐震診断士派遣事業又は土佐市非木造住宅耐震診断費補助事業により耐震診断を受け、評点が1.0未満又は「安全でない」と診断された住宅。(販売を目的とするものを除く。)
 ・木造住宅については高知県に登録した設計事務所が設計するもの。非木造住宅については、構造設計一級建築士等が設計するもの。
 ・耐震改修後の想定耐震診断を行い、評点が1.0以上又は「安全性」が確認された計画となるもの。

○補助金額
 耐震改修設計に要する費用のうち、32万4千円までを補助



耐震改修のぼり旗



土佐市住宅耐震改修費補助事業

 この事業は、耐震診断の結果、耐震性に問題があるという診断結果の出た木造・非木造住宅の耐震改修工事を行う方に対し、費用の一部を補助するものです。

○要件 
 ・土佐市住宅耐震改修設計費補助事業を行った住宅。
 ・木造住宅については、高知県に登録した工務店が施工するもの。

○補助金額
 耐震改修工事にかかった費用の一部(最大152万5千円)




<申請・お問合せ先>
防災対策課 電話:088−852−7607


Adobe Reader

PDFファイルを開くにはAdobe Readerが必要です。

Adobe Readerは、無料で以下のリンクからダウンロードできます。

「Adobe Reader」のダウンロードはこちらです。