ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地HOME > 平成31年度浄化槽設置費補助 

平成31年度浄化槽設置費補助 

印刷用ページを表示する  掲載日 : 2019/05/07

平成31年度以降の浄化槽補助金の主な改正点

1.申請書の様式変更、添付書類の追加があります。
 ・主たる生計の場として申請者自身が居住するために浄化槽を設置する旨の明確化。
 ・現住居地の住居種別(戸建や賃貸)、汚水処理状況の記載。
 ・設置地への転居有無や汚水処理状況の記載。
 ・現住居地の住民票や案内図、現住居地の汚水処理設備及びその周辺が判る写真の添付。

2.制度改正に伴い、新築、改築等で補助対象外となる場合があります。
 下記の補助の条件の他、新たに補助対象外となる事例を一部紹介します。
例1:既に浄化槽が設置されている家屋(浄化槽の故障、改築や建て替えに伴うもの等)
例2:既に浄化槽が設置されている家屋から転居して、新築する場合。
※ただし、市外からの転入、アパートなど賃貸住宅からの転居、分家住宅は除く。
例3:購入した中古住宅に、浄化槽が設置されている場合。

補助の条件

 (1) 一般住宅(住宅兼事務所・店舗等では住宅部分の面積が50%以上の建物)に設置する浄化槽で、未着工であること。
 (2) 浄化槽法第5条第1項の規定に基づく設置の届出の審査又は建築基準法第6条第1項の規定に基づく確認を受けていること。
 (3) 住宅等を借りている場合は、賃貸人の承諾を得ていること。
 (4) 建売住宅、モデルハウス等営業用建築物でないこと。ただし、売買契約等により購入者を確認することができる場合は、この限りでない。
 (5) 主たる生計の場として居住しない別荘等でないこと。
 (6)浄化槽法上の権限を有する行政官から、申請者を補助対象としないよう要請がないこと。
 (7) 工事完了後、1ヶ月以内又は当該年度2月末日(2月末日が土日祝日の場合は手前の開庁日)のいずれか早い日までに実績報告書及び添付書類を提出すること。

 ※実績報告書提出後に現地検査を行いますので、市検査職員が指定する日時に立ち合いをしていただきます。

募集期間・方法

5月7日から募集開始します。
ゴールデンウイーク中(4月27日〜5月6日)のお問い合わせは、対応しておりません。
募集期間:毎月1日から15日まで(15日が土日祝日の場合は、その手前の開庁日)。
募集方法:先着順で、予算が無くなり次第終了。

補助金額

浄化槽の規模 補助金額
延べ面積130平方メートル以下の住宅(5人槽) 332,000円
延べ面積130平方メートルを超える住宅(7人槽) 414,000円
台所及び浴室が2個以上の2世帯住宅(10人槽) 548,000円

申請する際の留意点・申請方法

○申請する際の留意点
・交付決定通知前に、浄化槽工事のみならず他の工事(新築住宅の基礎工事や既存住宅の取り壊しやリフォーム等)の実施をした場合は、補助対象外となる場合があります。
※申請書の提出は、着工を希望する日の10開庁日以上空けてお願いします。申請件数の多少、申請内容の不備等によっては、審査が遅れる場合があります。
・申請書提出後、現住居地と浄化槽設置予定地の両方の現地確認を行う際に、申請者の方の立ち合いを求める場合があります。
・申請者が専ら居住するために補助する制度ですので、工事完了後、原則、2月末までに転居及び住民票の異動完了をお願いします。


○申請方法
「浄化槽設置整備事業補助金交付申請書」に必要な書類を添付して提出してください。
↓申請書の様式のダウンロードはこちらから。

○県税の滞納がないことの証明書について
 平成30年度から土佐市税のみならず、新たに県税の滞納がないことの証明書が必要になります。
 「県税の滞納がないこと」の証明は、高知県の県税事務所が発行する「納税証明書」の提出をもって確認することとなります。
 なお、県税の納税義務がない場合も、「納税証明書」の交付は可能ですので、補助金交付申請時において県外にお住まいの方、自動車を所有していない方等につきましても、提出をお願いします。

 ・請求する納税証明書の種類について
  交付請求書の税目欄の「全税目」を選択し、年度・区分欄は空欄としてください。
 ・納税証明書の有効期限について
  補助金交付申請時点における県税の滞納の有無を確認する必要がありますので、交付申請前3ヶ月以内に交付された納税証明書を添付してください。

※県税の納税証明書の交付に関するお問い合わせ先は、高知県の各県税事務所にお問い合わせください。

浄化槽補助金のお問い合わせ先

市都市環境課環境公園班 852−7647