ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地HOME > 利用者負担額について

利用者負担額について

印刷用ページを表示する  掲載日 : 2018/06/15

 市で支給認定を受けた保護者の方は、市が定めた利用者負担額を納付する義務があります。

 私立幼稚園や認定こども園を利用されていた方は、これまでの保育料・月謝・利用料は施設が定めた額をその施設に納められていたと思いますが、子ども・子育て支援新制度においては、その世帯の市民税額(父母の合算額)に基づいて市が決定する利用者負担額を、施設に納付することとなりました。
 利用者負担額の詳細については下記の利用者負担額表をご覧ください。

 また、平成27年4月から本格施行された新制度では9月から翌年8月までの利用者負担額が同じ年度の市民税額により決定します。
(例:30年4月〜8月分は29年度の市民税額から、30年9月〜31年8月分は30年度の市民税額から決定されます。)
 


1号、2号及び3号認定の区分の違いは下記のページ「○支給認定について」を参考にしてください。


Adobe Reader

PDFファイルを開くにはAdobe Readerが必要です。

Adobe Readerは、無料で以下のリンクからダウンロードできます。

「Adobe Reader」のダウンロードはこちらです。