ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地HOME > 平成30年度後発医薬品使用促進計画の策定について

平成30年度後発医薬品使用促進計画の策定について

印刷用ページを表示する  掲載日 : 2018/04/25

 後発医薬品(ジェネリック医薬品)については、先発医薬品と品質、有効性及び安全性が同等であり、開発費用が安く抑えられていることから安価であるため、患者負担の軽減及び医療保険財政の改善の観点等から使用促進をすることとされております。
 これは生活保護により医療扶助を受けている方も同様であり、本市では被保護世帯の後発医薬品使用率が65.1%(H29.6月時点)で、使用率80%を目指し下記のとおり後発医薬品使用促進計画を策定しました。


Adobe Reader

PDFファイルを開くにはAdobe Readerが必要です。

Adobe Readerは、無料で以下のリンクからダウンロードできます。

「Adobe Reader」のダウンロードはこちらです。