ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地HOME > ADL維持等加算について(対象:通所介護事業所)

ADL維持等加算について(対象:通所介護事業所)

印刷用ページを表示する  掲載日 : 2019/05/27

令和2年度の算定に必要な手続きについて
○加算算定期間:令和2年度(令和2年4月〜令和3年3月)
○評価対象期間:平成31年1月〜令和元年12月(2019年1月〜12月)
加算の算定を希望する場合は、次の<1>及び<2>の届出が必要です。
※届出を行った翌年度以降に再度算定を希望する場合に、その旨の届出は不要。届出を行った翌年度以降に算定を希望しなくなった場合には、その旨の届出が必要です。
<1>「ADL維持等加算〔申出〕の有無」の届出
※ADL維持等加算を算定するために届出(申出)をする場合、届け出た年においては、届出日の属する月から同年12月までが評価対象期間となります。評価対象利用開始月から起算して6ヶ月を確保するためには、前年の7月までに届出(申出)を行う必要があります。
 提出期限
 令和元年7月15日まで
 提出書類

<2>「ADL維持等加算に係る届出書(別紙19)」の届出
※令和元年7月までに「ADL維持等加算〔申出〕の有無」を届け出ている事業所が対象です。
 提出期限
 令和2年3月15日まで
 提出書類

算定対象事業所の決定
国保連合会が行う算定要件適合の確認結果と、令和2年3月15日までに届けられた「ADL維持等加算に係る届出書(別紙19)」の要件を確認した上で、ADL維持等加算の対象事業所を決定します。
※「ADL維持等加算〔申出〕の有無」を届け出ている場合でも、算定要件を満たさなければ、算定対象とはなりません。

参考資料


Adobe Reader

PDFファイルを開くにはAdobe Readerが必要です。

Adobe Readerは、無料で以下のリンクからダウンロードできます。

「Adobe Reader」のダウンロードはこちらです。