ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地HOME > 土佐市水道事業経営戦略

土佐市水道事業経営戦略

印刷用ページを表示する  掲載日 : 2019/03/29

 土佐市水道事業は、暮らしに欠かせない「水」を市民の皆さまへ届ける大切なライフラインであり、全国に誇ることができる仁淀川のきれいな原水を取水し、安心・安全な水を安定して供給しています。
 しかしながら、今後の水道事業の状況は、節水機器の普及やライフスタイルの変化などにより水需要が減少し給水収益の増加が見込めないなか、老朽化が進んでいる水道施設の更新や南海トラフ地震に備えた耐震化などの整備を実施していく必要があります。そのため、平成30年度から水道料金の改定を実施したものの、今後10年間の経営シミュレーションでは、経営状況は悪化することが予想されています。
 このような状況に対応するため、「土佐市水道事業経営戦略」は、将来にわたって安定的に事業を継続していくための水道施設や管路の更新・耐震化の計画を示す「投資計画」と将来にわたっての収支及びキャッシュフローを示す「財政計画」の2本柱の計画を均衡させて実施させていくための中長期な経営の基本計画であり、また、平成25年3月に厚生労働省が策定した「新水道ビジョン」にある「持続」「安全」「強靱」に基づき策定するものであります。


Adobe Reader

PDFファイルを開くにはAdobe Readerが必要です。

Adobe Readerは、無料で以下のリンクからダウンロードできます。

「Adobe Reader」のダウンロードはこちらです。