ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地HOME > 2019(令和元)年度 高齢者肺炎球菌感染症予防接種事業について

2019(令和元)年度 高齢者肺炎球菌感染症予防接種事業について

印刷用ページを表示する  掲載日 : 2019/05/24

高齢者肺炎球菌感染症予防接種

平成26年10月1日から高齢者肺炎球菌感染症予防接種が予防接種法に基づくB類疾病の定期接種に追加されました。
B類疾病の定期接種は、予防接種を受けるよう努める義務があるものではなく、あくまでもご本人が接種を希望する場合に受けることができるものです。今年度の対象者の方には4月に予診票、説明文書を送付しています。
また、2019年度から5年間の期間で対象者の特例がありますので、下記「今年度の対象者」の項を参照してください。


接種期間

2019(平成31)年4月1日から2020(令和2)年3月31日まで


今年度の対象者

これまでに、高齢者肺炎球菌ワクチン(23価)を接種したことがない方で、
(1)今年度に65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳及び100歳以上になる方(年度年齢ですので、ご注意ください。)
(2)60歳以上65歳未満の方で心臓、腎臓又は呼吸器の機能に自己の身辺の日常生活活動が極度に制限される程度の障害を有する方及びヒト免疫不全ウイルスにより免疫の機能に日常生活動がほとんど不可能な程度の障害を有する方


65歳となる方 昭和29年4月2日生〜昭和30年4月1日生
70歳となる方 昭和24年4月2日生〜昭和25年4月1日生
75歳tとなる方 昭和19年4月2日生〜昭和20年4月1日生
80歳となる方 昭和14年4月2日生〜昭和15年4月1日生
85歳となる方 昭和 9年4月2日生〜昭和10年4月1日生
90歳となる方 昭和 4年4月2日生〜昭和 5年4月1日生
95歳となる方 大正13年4月2日生〜大正14年4月1日生
100歳以上となる方 大正 9年4月1日以前生

予防接種の受け方

予診票(2019年度 高齢者肺炎球菌感染症予防接種予診票)に必要事項を記入し、医療機関に提出して、予防接種をうけてください。健康保険証や運転免許証などの身分証明書を持参してください。


接種回数

1回


実施医療機関

県内委託医療機関


接種費用(自己負担分)

2,000円
※医療機関で直接お支払いください。


自己負担金免除について

生活保護受給中の方は、自己負担金の免除を申し出ることができます。市福祉事務所、USAくろしおセンター、戸波総合市民センターのいずれかで「土佐市高齢者肺炎球菌感染症予防接種自己負担金免除証明書交付申請書」を提出し、交付された自己負担金免除証明書を医療機関に提出し、接種してください。自己負担金が免除されます。
※自己負担金免除証明書の再交付はしません。
※医療機関に自己負担金免除証明書を提出せずに接種した場合は、自己負担金免除にはなりません。接種後の払い戻しもできませんので、ご注意ください。


予診票の再発行

予診票を紛失された方は、「土佐市高齢者肺炎球菌感染症予防接種予診票(再)交付申請書」に必要事項を記入し、身分証明書と印鑑(認印可)を持参のうえ、健康づくり課に提出していただくことにより再発行できます。



Adobe Reader

PDFファイルを開くにはAdobe Readerが必要です。

Adobe Readerは、無料で以下のリンクからダウンロードできます。

「Adobe Reader」のダウンロードはこちらです。