ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地HOME > 高齢者インフルエンザの予防接種が始まります。

高齢者インフルエンザの予防接種が始まります。

印刷用ページを表示する  掲載日 : 2020/09/30

令和2年10月1日から個人の発病、重症化を予防することを目的とした高齢者インフルエンザの予防接種が始まります。

インフルエンザワクチンは、毎年そのシーズンの流行を予測して製造され、その発症予防効果は、接種後2週間からおよそ5か月程度といわれています。
例年、インフルエンザの国内流行期(*1)は通常12月末から翌年3月頃までですので、遅くても12月中旬までには接種することをお勧めします。(「予防接種に関するQ&A集」より)

予防接種を希望される方は、健康保険証や運転免許証などの身分証明書を持参し、県内委託医療機関で接種してください。(*2)

(*1)年によって流行期は前後します。
(*2)予診票は、医療機関にあります。予約制の病院もありますので、病院にお問い合わせください。

対象者

  1. (接種日において)65歳以上の方
  2. 60歳以上65歳未満の方で、心臓、腎臓又は呼吸器の機能に自己の身辺の日常生活活動が極度に制限される程度の障害を有する方及びヒト免疫不全ウイルスにより免疫の機能に日常生活がほとんど不可能な程度の障害を有する方

実施医療機関

県内委託医療機関(インフルエンザ予防接種を実施している医療機関)
※予防接種の実施の有無については、かかりつけ医等の接種を希望する医療機関にお問い合わせください。

実施期間

令和2年10月1日(木)〜12月31日(木)(医療機関の休診日を除く)

接種料金

無料

令和2年度のみ、新型コロナウイルス感染症とインフルエンザの同時流行を回避し、新型コロナウイルス感染症の医療体制を確保することを目的に、インフルエンザ予防接種の自己負担分を高知県が補助することになりましたので、窓口での支払いはなくなります。
 

接種回数

上記実施期間中に1回のみ

自己負担金免除申請について

生活保護受給中の方は、例年どおり自己負担金の免除申請書を提出することで自己負担金免除証明書を交付します。(下表参照)
 
(1)  土佐市に住民登録している。 土佐市から生活保護を受給している。 土佐市福祉事務所(TEL088-852-7649)
USAくろしおセンター(TEL088-856-1141)
戸波総合市民センター(TEL088-855-0234)
(2)   土佐市に住民登録している。 土佐市以外の福祉事務所から生活保護を受給している。 土佐市健康づくり課(TEL088-852-1113)で交付
【手続き方法】
当該福祉事務所で受給証明書を交付してもらい、インフルエンザ予防接種自己負担金免除証明書交付申請書と一緒に土佐市健康づくり課に提出する。
(3)  土佐市以外の県内市町村に住民登録している。 土佐市から生活保護を受給している。 住民登録地の市町村で交付
【手続き方法】
土佐市福祉事務所で受給証明書を交付してもらい、住民登録地の市町村に提出し、所要の手続きを行う。
 
 

Adobe Reader

PDFファイルを開くにはAdobe Readerが必要です。

Adobe Readerは、無料で以下のリンクからダウンロードできます。

「Adobe Reader」のダウンロードはこちらです。