ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地HOME > 7月の給食センター(’08年)

7月の給食センター(’08年)

印刷用ページを表示する  掲載日 : 2008/07/07
7月17日(木)
毎日暑い日が続いています。いよいよ子どもたちが待ちに待った夏休みですね。明日は終業式で、ほとんどの学校が今日で給食は終了です。

7月17日

今日のメニューは、夏野菜カレー、千切り大根を使ったぱりぱり漬け、すいかです。7月定番のカレーは、玉ねぎ、にんじんの他に、なす・かぼちゃ・トマト・ピーマンを入れています。


7月7日(月)


七夕

今日は「たなばた」ですね。天気はよく晴れて暑い一日です。夜、天の川が見えるでしょうか?


七夕メニュー

給食も七夕メニューで、手巻きずし(卵焼き、つけもの、ツナサラダ)、牛乳、そうめん汁、七夕ゼリーです。そうめん汁は氷を入れて冷たく仕上げています。




ねぎ

そうめん汁の薬味のねぎは、作業所「とさ」のみなさんが栽培されたものです。作業所「とさ」では、給食で出る野菜の廃棄物でEM菌による肥料を作り、野菜などを栽培しています。昨年度は、きゅうり、大根、千切り大根、ブロッコッリー、さや豆をいただき給食に使いました。今年は、量的にも給食センターに納品できる物を栽培されていて、第1回目の今日は「ねぎ」で14kgが納品されました。


去る6月17日に開催された地球温暖化対策推進本部において、毎年7月7日を「クールアースデー」とすることが決定されました。給食では地産地消を進めていますが、地球温暖化の防止策として、CO2の排出量を削減するためにも大切なことだと思います。