ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地HOME > 個人番号カード(マイナンバーカード)について

個人番号カード(マイナンバーカード)について

印刷用ページを表示する  掲載日 : 2017/04/03

個人番号カードは、平成281月以降に希望者に対して交付されている、マイナンバーを掲載した顔写真付きカードです。本人確認のための身分証明書として利用できるほか、カードのICチップに搭載された電子証明書を用いて、e-Tax(国税電子申告・納税システム)をはじめとした各種電子申請が行えます。
電子証明書については、「公的個人認証サービス(電子証明書)」のページをご覧ください。
 

交付申請について

個人番号カードの交付を希望される方は、本人が交付申請をしてください。ただし、申請者が15歳未満の場合や、成年被後見人である場合は、法定代理人が交付申請をしてください。
 

申請方法

郵送やパソコン、スマートフォン、まちなかの写真機から申請できます。詳しくは、通知カードに同封されている申請書または下記リンクをご確認ください。

 

手数料

 初回交付手数料:無料(電子証明書は標準搭載されます)

 再交付手数料:800円(電子証明書を搭載する場合は、別途200円かかります。)
 

有効期限

 発行日から10回目の誕生日まで(20歳未満の方は5回目の誕生日まで)

 外国人住民のうち、永住者、高度専門職第2号および特別永住者以外の方は、在留期間の満了の日まで

 

※申請から交付までには1ヶ月程度かかりますので、ご注意ください。

 

個人番号カード(マイナンバーカード)

マイナンバーカード

申請から交付までのながれ

手順1>個人番号カードの申請
「個人番号カード交付申請書」に必要事項を記入し、直接地方公共団体情報システム機構に申請してください。
個人番号カードは、地方公共団体情報システム機構で作成されます。
返信用封筒をお持ちでない場合は、下記の宛先に送付してください。なお、封筒・郵送料はご負担ください。
【送付先】

〒219−8650
日本郵便株式会社 川崎東郵便局 郵便私書箱第2号
地方公共団体情報システム機構
個人番号カード交付申請書受付センター 宛

※引っ越しや戸籍届出により、住所・氏名・生年月日・性別のいずれかが変更になった場合は、変更前の申請書はお使いいただけませんので、ご注意ください。市民課窓口で新しい申請書をお受け取りいただくか、マイナンバー総合サイトから申請書をダウンロードし、郵便で申請してください。(マイナンバー総合サイトからダウンロードした申請書は、必ず「個人番号」を正しく記入してください。)

<手順2>交付通知書(ハガキ)が届く
市役所でカードの交付準備が整い次第、住民登録している住所に交付通知書(ハガキ)を送付します。

手順3>市役所でカードの受取り
交付通知書(ハガキ)が届いたら、記載された交付期限までに、ご本人が必要書類を持参のうえ、窓口にお越しください。
本人確認や暗証番号設定後に個人番号カード(マイナンバーカード)をお渡しします。
※本人が
15歳未満の場合や成年被後見人の場合には、法定代理人が一緒にお越しください。
※交付通知書に記載された交付期限は目安ですので、期間経過後でも受取りできます。

 【交付窓口】
 市民課
【交付時間】
 平日午前8時30分〜午後5時15分(12月29日〜翌年1月3日を除く)

※休日または時間外に交付を希望される方は,、市民課までご相談ください。
【必要書類】

・交付通知書(ハガキ)

・通知カード

・住民基本台帳カード(お持ちの方のみ)

・本人確認書類(有効期限内のもの)

  免許証・パスポート等の顔写真のある官公署から発行されたもの…1点

  健康保険・介護保険の被保険者証、預金通帳等…2点

・認め印(なくても可)
 

※ご本人が、15歳未満の場合や成年被後見人の場合は、上記の書類とあわせて以下のものが必要です。

・法定代理人の本人確認書類(上記の本人確認書類と同じもの)

・代理権の確認書類(ご本人が15歳未満の場合は、不要。成年被後見人の場合は、法務局の登記事項証明書等が必要)

 

※「通知カード」と「住民基本台帳カード(お持ちの方のみ)」は、「個人番号カード」と交換になります。紛失された方は、紛失届を提出していただきますので、あらかじめご了承ください。

 

※ご本人が、病気、身体の障害等により来庁できない場合に限り、任意代理人にカードの受取りを委任できます。(必要書類が異なりますので、事前に市民課までお問い合わせください。) 

 

個人番号カードを受取りする前に転出した場合は、申請が取消されます。ご希望の場合は、再度申請する必要がありますので、転入先の市区町村にお問い合わせください。

通知カードについては、「マイナンバーの通知カードについて」のページをご覧ください。
 

個人番号カード(マイナンバーカード)の紛失について

個人番号カード(マイナンバーカード)を紛失・焼失した場合等は、個人番号カードコールセンターに連絡し、一時停止処理をしてください。一時停止処理をしていただくと、カードの読み込みができなくなり、第三者による不正利用を防ぐことができます。
その後、警察等に届出したあとに、市民課まで紛失の届出をしてください。

【申請場所】市民課
【申請時間】平日8時30分〜17時15分(12月29日〜翌年1月3日までは除く)
【申請に必要なもの】
1.本人又は同一世帯の方が申請に来る場合
・本人確認書類
 免許証・パスポート等の顔写真のある官公署から発行されたもの…1点
 健康保険・介護保険の被保険者証、預金通帳等…2点
・再交付手数料
・個人番号カード(マイナンバーカード)の紛失・焼失等を証明する書類
自宅外で紛失した場合には、予め警察署に遺失届を提出し、警察署の連絡先と遺失届の受理番号を控えてきてください。
焼失した場合は、消防署または市役所で発行する罹災証明書。

2.別世帯の代理人が申請に来る場合
1の場合の書類と併せて以下の書類も必要です。
・委任状(別添委任状様式をご利用ください)
・代理人の本人確認書類(1と同様のもの)
・法定代理人が手続きする場合には、戸籍謄本、登記事項証明書など資格が確認できるもの。

紛失届出後に、個人番号カードまたは通知カードの再交付申請もすることができます。

※一時停止処理後の個人番号カード(マイナンバーカード)が発見された場合には、本人が発見したカードと本人確認書類をお持ちの上、市民課までお越しください。
ただし、一時停止処理後に紛失届出をし、通知カードを再交付申請された方は、一時停止解除はできません。

住民基本台帳カードの交付終了について

平成2712月末で、住民基本台帳カードの発行および交付が終了しています。
現在お持ちの住基カードは有効期限までお使いいただけます。住基カードと個人番号カードとの重複所持はできません。個人番号カードを取得する際に、住基カードは廃止および回収することになります。

 

住民基本台帳カードに電子証明書を搭載している方へ

現在、住基カードに電子証明書を搭載している方は、有効期限まで利用できます。

平成281月以降、電子証明書の更新申請をする場合は、住基カードへの電子証明書搭載ができませんので、電子証明書が標準搭載された個人番号カードへの移行が必要です。
 

マイナンバーに関するお問い合わせ

0120−95−0178
平日9時30分〜22時00分 土日祝9時30分〜17時30分(年末年始12月29日〜1月3日を除く)