ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地HOME > 消火器の廃棄について

消火器の廃棄について

印刷用ページを表示する  掲載日 : 2018/03/01

 平成22年1月1日より廃消火器のリサイクルシステムが全国一斉に運用開始され、消火器の廃棄方法が従来とは大幅に変わりました。



リサイクルシステム


 このリサイクルシステムでは、社団法人日本消火器工業会に特定窓口・指定引取場所として委託された専門業者でなければ、消火器の廃棄処分業務ができなくなりました。
さらに、この特定窓口・指定引取場所に消火器の廃棄処分を依頼する際には下記のようなリサイクルシールの購入が必要となります。
このシール代金が廃棄処分費用となり、シールの貼付がなければ廃棄処分ができないといったシステムになっています。


 現在、ご家庭にある消火器に、このシールが貼付されていない場合は、廃棄処分を依頼するときにシールの購入が必要となります。今後新たに購入される消火器には、すでにシールが貼付され販売されており、消火器本体の代金に廃棄処分費用が含まれています。


 ただし、このシール代金には、ご家庭や会社等から特定窓口・指定引き取りに係る輸送費や出張費は含まれておりませんので、専門業者に問い合わせが必要です。


リサイクルシール


 特定窓口・指定引取場所として委託を受けている専門業者については、「株式会社消火器リサイクル推進センター」のホームページにアクセスし、リサイクル窓口検索にて最寄の専門業者を検索することが可能です。また、土佐市消防本部までお問い合わせいただいても構いません。