ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地HOME > プロフィール > 市長あいさつ

市長あいさつ


土佐市のホームページにようこそ

 こんにちは。土佐市長の板原啓文(いたはらよしふみ)です。
 土佐市は、人口2万9千人余、面積91.49平方キロメートルで、北にそびえる四国山脈、市域を流れ、日本一の水質を誇る清流「仁淀川」など、青い空、豊かな自然、川の流れ、はじめて訪れたのにどこか懐かしい、360度自然に囲まれた太陽が染みこんだ市です。
 この自然の恩恵の下、温暖な気候を利用し、「土佐文旦」「小夏」などの果物類、「スイカ」「メロン」「ピーマン」「キュウリ」「ショウガ」「シシトウ」などの野菜類、日本有数の生産量を誇る「カサブランカ」「ソリダスター」などの花卉類と多岐にわたる品目を生産しており、園芸王国・土佐市を広くアピールし続けております。
 また、土佐といえば鰹を連想される方もおられますが、当市宇佐町が改良土佐節発祥の地とされており、「かつおの生節」は高知県内有数の生産量を誇っております。
 このほか、企業組合宇佐もん工房さんを主体とした”宇佐のうるめいわしのブランド化”で地域活性化に取り組むとともに、観光の目玉として全国的に有名な「ホエールウォッチング」は、ニタリクジラやイルカの群れに出会った方々に大きな感動を与えています。
 加えて、土佐市には四国霊場八十八ケ所の内、三十五番札所の「清瀧寺」と三十六番札所の「青龍寺」があり、元横綱「朝青龍」のしこ名でおなじみの青龍寺には、弘法大師が安置したとされる「木造愛染明王坐像」があり、国の重要文化財に指定されております。
 これからも恵まれた素材により磨きをかけ、小さくてもキラリ輝くまち土佐市づくりに誠心誠意努めるとともに、たくさんの方々に関心を持っていただけるようホームページの充実に努め、より多くのお客様に訪れていただけるまちづくりを併せて進めてまいります。
 今後とも、土佐市の発展にご理解ご協力を賜りますようお願いいたします。


板原 啓文(いたはら よしふみ)