ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地HOME > 土佐市プロフィール > 地勢・概要

地勢・概要

暖かな気候、起伏に富んだ豊かな自然環境が、土佐市を生産とレジャーの大基地へと発展させた。

土佐市は、四国三大河川の−つ、仁淀川河口のまち。高知県南央部、東経133°25′、北緯33°30′の位置にあります。
 市域は東西16キロ、南北12キロで、面積は91.49平方キロメートル。東は仁淀川を隔てて春野町と、西は虚空蔵山を境にして須崎市と、北は不入山脈によっていの町、日高村、佐川町と、そして南は黒潮洗う太平洋と接しています。
地形は、平野、山、川、海と、起伏と変化に富んでいますが、殊にリアス式海岸の横浪半島、横浪三里の景観は美しく、県内屈指のマリンスポーツ基地として知られています。
 また土佐市は、温暖な気候と豊かな自然の恩恵を受け、地味肥沃な平野部での多角的近代農業のほか、仁淀川の豊かな水を活用しての製紙工業や、沿岸漁業、水産物加工など、多彩な産業が成り立っています。

土佐市のシンボル

市章
市章
市の木 イチョウ
市の木

イチョウ
市の鳥 ムクドリ
市の鳥

ムクドリ
市の花 ユリ
市の花

ユリ