ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地HOME > 防災情報 > 土砂災害について

土砂災害について

土砂災害とは

一瞬にして人命や大切な財産を奪い取ってしまう土砂災害。
土石流、地すべり、がけ崩れなど、土砂災害のほどんどは長雨や大雨などがきっかけとなって起こります。
おそろしい災害に備えて、普段から避難袋を用意したり、避難場所・避難経路について話し合っておくことが大切です。


土砂災害のいろいろ

土砂災害の種類として、次のようなものがあります。


土石流

土・石・砂などが集中豪雨などの大量の水とまじり合って、津波のように流れ出てきます。

 こんな所が危険です!
  • 谷川に大きな石がごろごろあるところ
  • 裏山に急な谷川のあるところ
  • 過去に谷を流れた土石流が谷の出口のところに堆積してできた扇状地
土石流

がけ崩れ

雨により地中にしみ込んだ水が土の抵抗力を弱め、地面が突然崩れ落ちてきます。

 こんな所が危険です!
  • がけにひび割れがしているところ
  • がけの上部がせり出しているところ
  • がけから水がわき出したり、がけの表面を水が流れているところ
がけ崩れ

地すべり

粘土などのすべりやすい層に地下水が作用し、上側の地面がそっくりすべり落ちてきます。

 こんな所が危険です!
  • 斜面に段差や亀裂などが生じたとき
  • 樹木や電柱が傾いたとき
  • 池や井戸の水が急に減ったり濁ったりしたとき
  • 大雨や地震のとき
地すべり

土砂災害危険箇所、土砂災害警戒区域について

  • 土砂災害危険箇所・・・都道府県が調査を実施して判明した、土石流、急傾斜地の崩壊(がけ崩れ)、地すべりが発生するおそれのある箇所。

  • 土砂災害警戒区域・・・土砂災害危険箇所のうち、人的被害が発生する恐れがあり警戒避難体制を特に整備すべき区域として基準に該当するものを都道府県知事が指定するもの。
  • ※土砂災害警戒区域図は、市役所、防災センター、USAくろしおセンター、戸波総合市民センターでも閲覧できます。


土砂災害警戒情報について

土砂災害警戒情報は、大雨時に土砂災害発生の危険度に関して、都道府県と気象庁が共同で発表する防災情報です。雨の降り方が一定の基準を超え、土砂災害が発生する危険性が非常に高くなったと判断される場合に、市町村単位で発表されます。
土佐市については、高知県の「土砂災害警戒避難基準雨量」と、高知地方気象台の「土壌雨量指数」の2つの基準により判断されます。これらのうち、高知県の「土砂災害警戒避難基準雨量」と、この基準に照らして土佐市内での現在の降雨量がどの程度であるかについては、高知県のホームページ内「土砂災害警戒情報解説」で、参考として閲覧できます。(これは土砂災害警戒情報そのものではありません。土砂災害警戒情報の発表状況は、気象庁のホームページに掲載されます。)
土佐市に土砂災害警戒情報が発表された場合は、土砂災害がいつ起きてもおかしくない状況です。速やかに避難するか、避難所への移動が困難な場合は2階に避難するなど、身を守る行動をとるようにして下さい。