ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地HOME > 防災情報 > 水害関係

水害関係

大雨について

雨の強さについて・・・

雨の量と状況
降雨量
イメージ
10〜20mm
ザーザー降る
20〜30mm
どしゃ降り
30〜50mm
バケツを裏返したよう
50〜80mm
ごーごー降る
80mm〜
圧迫感を感じる
影響 歩行中 地面から跳ね返った雨で足下が濡れる 傘をさしていても濡れる 傘が全く役に立たなくなる
乗車中 ワイパーを使用しても視界が悪い 高速走行時にブレーキがハイドロプレーニング現象で効かなくなる 運転をするのは危険である
様子 屋外 地面一面に水たまりができる 道路が浅い川のようになる あたり一面が水しぶきで視界が悪くなる
木造住宅内 雨音が気になる 就寝中でも半数くらいの人が気づく
予測される災害状況など この程度の雨でも長時間続く場合は要注意 小さな川、下水、側溝があふれ、小規模の崖崩れが起き始める 崖や山崩れが起きやすくなり、危険地帯では避難の準備が必要になる 土石流が起きやすく、マンホールから水が噴出するなど、多くの災害が発生する 大規模な災害が発生するおそれが強く、厳重な警戒が必要

豪雨とは・・・

豪雨とは「どしゃ降り」状態で短時間、激しく降る雨のことですが、この激しい雨は「積乱雲」から降ります。
夏の激しい夕立もその一例ですが、約10分〜20分程度でやみます。
個々の積乱雲が雨を降らせる継続時間は20分前後、雨量は30mm程度ですが、この積乱雲が集合体となることで、 長時間にわたり強い雨が降ることになります。これが「集中豪雨」です。
集中豪雨はおよそ100km四方のエリアに4時間ほど降り、大きな被害をもたらしますが、現在の技術では予測するのは非常に困難なようです。


↑ ページTOPに戻る

台風について

台風の概要

土佐市は昔から台風による大きな被害を受けてきました。
台風とは,熱帯地方で発生した低気圧(熱帯低気圧)のうち,東経180度より西の北太平洋及び南シナ海で勢力を強め,最大風速が毎秒約17m以上になったものをいいます。
広範囲な地域で雨を降らせたり,中心付近では強い風を伴います。


風速10〜15
看板やトタン板が飛び始める
風速15〜20
風に向って歩けない
風速20〜25
しっかりと体を確保しないと転倒する
風速25〜30
立っていられず、ブロック塀が壊れる
風速30〜
屋根が飛び、家が倒れることもある

高潮について

台風や強い低気圧の影響で,海水が周辺から吹き寄せられ,海面が異常に高くなる現象です。
V字型に開いた地形の湾などでは特に高くなりやすく,注意が必要です。


↑ ページTOPに戻る

水害に備えて1/避難について

避難するタイミング

水は瞬間的に襲ってくることがあり、「このままでは危険だ」と思ったときには、すでに外は身動きがとれなくなっているという可能性があります。
気象情報や周囲の状況に注意し、不安を感じたら、 早めに避難するよう心がけることが大切です。
また、小さなお子さまや高齢者など、災害弱者といわれる方がいる場合は、 特に注意が必要です。


避難の方法

  • 隣近所で声をかけあい,みんなで避難するようにしましょう。
  • 災害弱者といわれる方を優先的に避難させましょう。
  • 市、消防、警察などから避難の指示があった場合は、速やかに避難しましょう。

できるだけ軽装で!
荷物はできるだけ整理し、背負いましょう。
はき物に注意!
足、長靴は厳禁。
ひもで締める運動靴などをはきましょう!
頭部を守る!
強風の時は、飛んできた看板などでケガをする危険があります。ヘルメットや防災頭巾、座布団などで、頭部を覆いましょう。
知っている道を通る!
低地、がけ下、川沿い、橋は避けて移動しましょう。
歩ける深さは?
歩ける深さは、男性で約70cm、女性で約50cm程度。
水深が腰まであるようならば無理は禁物です。
高所で救援を待ちましょう。
ロープなどでつながって・・・
単独行動は避け、特にお子さまやお年寄りがいる場合は、お互いの体をロープでつないで避難しましょう。
足元に要注意!
洪水時は、水面下にマンホール、側溝などの危険が潜んでいます。長い棒などを杖として、安全を確かめながら移動しましょう。また、夕刻以降は必ず大きめの懐中電灯を持ちましょう。
↑ ページTOPに戻る

水害に備えて2/情報に注意

注意報・警報に注意


気象台が発表する警報・注意報などの気象情報をよく聞き,早めの対策をとるようにしましょう。

避難場所・方法を確認


家の近くにがけなどがある場合は,日頃から周囲の状況を確認しておきましょう。
また,海や河口の付近では,満潮の時間などを確認しておきましょう。
異常を感じたら,すぐ避難するようにしましょう。近づくのは禁物です。

土砂災害に注意


場所によって異なりますが,家の裏にがけや山がある場合は1時間に20舒幣紂す澆蟷呂瓩ら100舒幣紊留が続いたら危険が高いとされています。
前ぶれがあったら,必ず市役所や消防署,警察などの防災関係機関へ連絡しましょう。