病院長挨拶

HOME > 病院長挨拶

 掲載日 : 2021/01/07

明けましておめでとうございます。
皆様におかれましては輝かしい新年をお迎えのこととお慶び申し上げます。

昨年中は土佐市民病院をご利用いただき誠にありがとうございました。
昨年は新型コロナウイルス感染症が世界中で猛威を振るい人々の生活や経済に大きな影響を与えました。高知県においても多数の感染が確認されております。皆様方におかれましても長期にわたり日々不安な思いでお過ごしのことと思います。引き続き、適切なマスクの着用、手洗いやアルコールによる手指衛生、3密を避けるなど、基本的な感染対策をしながらご自分がかからないように、また、誰かにうつすことがないように一緒に取り組んでいきましょう。
このような状況の中、複数の個人の方から篤志のご寄付を頂いております。皆さまからの温かいご支援、心より感謝申し上げます。ご寄付いただいたものは大切に使用させていただきます。
また、昨年から引き続き入院患者さまへの面会を原則禁止とさせていただいております。入院患者さまとご家族の方にはご迷惑をおかけしますが、ご理解、ご協力のほどよろしくお願いします。外来診療につきましても、当院で定期的に診察を受けている慢性疾患等を有する患者さまについては、電話診療を行っております。直接、病院に来院することなく、ご希望の調剤薬局でお薬を受け取ることができます。月曜日、水曜日、金曜日の13:30〜15:00にお電話を頂いたら対応いたしますので、ご利用ください。

十二支動物の中で最も動きが緩慢で歩みの遅い丑(牛)の年は、先を急がず一歩一歩着実に物事を進めることが大切な年と言われています。十二支の2番目の干支であることから、子年に蒔いた種が目を出して成長する時期とされ、まだ結果を求める時期ではなく、結果につながる道をコツコツと作っていく基礎を積み上げていく時期とされます。当院も、安心できる医療サービスが提供できるよう、より一層コツコツと着実に努力して参ります。
年頭にあたり皆さまのご健勝とご多幸を祈念いたしまして、新年のご挨拶とさせていただきます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。
 
病院長  田中 肇