ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地HOME > 令和3年度浄化槽設置費補助 

令和3年度浄化槽設置費補助 

印刷用ページを表示する  掲載日 : 2021/04/21

浄化槽補助金の改正(令和2年度以降)

1.令和2年度に浄化槽設置費補助様式の以下の点について変更がありました。
 ・交付申請書など各種様式の文言修正。
 ・交付決定後に変更が生じる際の手続きとして、変更届または変更承認申請が必要になります。

補助対象地域、補助対象者、補助対象経費、補助額

1.補助対象地域、補助対象者、補助対象経費、補助額
 別表参照

2.平成31年度から制度改正に伴い、既存の汚水処理未普及解消に繋がらない場合は、新築、改築等で補助対象外となります。
 補助対象外となる事例を一部紹介します。
例1:既に浄化槽が設置されている家屋(浄化槽の故障、改築や建て替えに伴うもの等)
例2:既に浄化槽が設置されている家屋から転居して、新築する場合。
※ただし、市外からの転入、アパートなど賃貸住宅からの転居、分家住宅は除く。
例3:購入した中古住宅に、浄化槽が設置されている場合。

募集期間・方法

5月1日から募集開始します。
募集期間:毎月1日から15日まで。
募集方法:先着順で、予算が無くなり次第終了。

申請する際の留意点・申請方法

○申請する際の留意点
申請書の提出は、着工(新築住宅の基礎工事や既存住宅の取り壊しやリフォーム等を含む)を希望する日の10開庁日以上空けてお願いします。申請件数の多少、申請内容の不備等によっては、審査が遅れる場合があります。
・交付決定通知前に着工(新築住宅の基礎工事や既存住宅の取り壊しやリフォーム等を含む)をしないようお願いします。
・申請書提出後、現住居地と浄化槽設置予定地の両方の現地確認を行う際に、申請者の方の立ち合いを求める場合があります。
・申請者が専ら居住するために補助する制度ですので、工事完了後、原則、2月末までに転居及び住民票の異動完了をお願いします。


○申請方法
「浄化槽設置整備事業補助金交付申請書」に必要な書類を添付して提出してください。
↓申請書の様式のダウンロードはこちらから。

○県税の滞納がないことの証明書について
 平成30年度から土佐市税のみならず、新たに県税の滞納がないことの証明書が必要になります。
 「県税の滞納がないこと」の証明は、高知県の県税事務所が発行する「納税証明書」の提出をもって確認することとなります。
 なお、県税の納税義務がない場合も、「納税証明書」の交付は可能ですので、補助金交付申請時において県外にお住まいの方、自動車を所有していない方等につきましても、提出をお願いします。

 ・請求する納税証明書の種類について
  交付請求書の税目欄の「全税目」を選択し、年度・区分欄は空欄としてください。
 ・納税証明書の有効期限について
  補助金交付申請時点における県税の滞納の有無を確認する必要がありますので、交付申請前3ヶ月以内に交付された納税証明書を添付してください。

※県税の納税証明書の交付に関するお問い合わせ先は、高知県の各県税事務所にお問い合わせください。


浄化槽補助金のお問い合わせ先

市都市環境課環境保全班 852−7647