ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地HOME > §難聴児補聴器購入助成事業について§

§難聴児補聴器購入助成事業について§

印刷用ページを表示する  掲載日 : 2020/08/06
 身体障害者手帳の交付対象とならない軽度・中等度の難聴児(18歳未満・両耳の聴力レベル30デシベルから70デシベル)に対して、言語の習得、教育等における健全な発達を支援することを目的として、補聴器の購入に要する費用の一部を助成する制度があります。

申請には、医師の証明などが必要です。助成条件がありますので、事前にご相談ください。

◆対象者

(1)土佐市内在住の18歳未満の児童であること
(2)両耳の聴力レベルが30デシベル以上70デシベル未満であること
(3)聴覚障害の身体障害者手帳を所持していないこと
(4)医師が補聴器の使用を認めていること
(5)同一世帯の市民税最多納税者の納税額が46万円未満であること

※障害者自立支援法に基づく補装具費支給制度と同じ所得制限です。

◆助成金額

 各補聴器に定められている基準額のおおむね2/3を限度に補助します。

※事前の申請が必要です。
※更新の場合、原則として前回購入日から5年経過後とします。
※イヤモールド交換を含め、修理についての補助はありません。

基準額一覧表

補聴器の種類 1台当たりの基準価格  (円) 基準価格に含まれるもの 耐用年数
軽度・中等度難聴用ポケット型 43,200 (1)補聴器本体(電池含む。) 原則として
  5年
軽度・中等度難聴用耳かけ型 52,900
高度難聴用ポケット型 43,200 (2)イヤーモールド
高度難聴用耳かけ型 52,900 (注)イヤーモールドを必要としない場合は、基準価格から9,000円 を除く。
重度難聴用ポケット型 64,800
重度難聴用耳かけ型 76,300
耳あな型(レディメイド) 87,000 補聴器本体(電池含む。)
耳あな型(オーダーメイド) 137,000
骨導式ポケット型 70,100 (1)補聴器本体(電池含む。)
(2)骨導レシーバー
(3)ヘッドバンド
骨導式眼鏡型 127,200 (1)補聴器本体(電池含む。)
(2)平面レンズ
 
(注)平面レンズを必要としない場合は、基準価格から1枚につき3,600円を除く。
軟骨伝導式  150,000 補聴器本体(電池含む。)

(注)重度難聴用耳かけ型であってFM型受信機、FM型用ワイヤレスマイク又はオーディオシューを必要とする場合は、次の表に掲げる額の範囲内で必要な額を加算することができる。
 
種  類 1台たりの基準価格(円)
FM型受信機 80,000 円
FM型用ワイヤレスマイク(充電池を含む。) 98,000 円
オーディオシュー  5,000 円

Adobe Reader

PDFファイルを開くにはAdobe Readerが必要です。

Adobe Readerは、無料で以下のリンクからダウンロードできます。

「Adobe Reader」のダウンロードはこちらです。