ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地HOME > 住民基本台帳の閲覧

住民基本台帳の閲覧

印刷用ページを表示する  掲載日 : 2020/06/09

住民基本台帳の一部の写しの閲覧

住民基本台帳法に基づき、住民基本台帳の一部の写しの閲覧を行っています。
当市では、以下の場合に限り、法人や国の機関等に、氏名・生年月日・性別・住所の情報を提供しています。(住民基本台帳法第11条、第11条の2)

1.国又は地方公共団体の機関が、法令で定める事務の遂行のために必要である場合。
2.個人もしくは法人の場合には、次の(1)〜(3)の活動を行うために閲覧することが必要である旨の申出があり、市町村長がその申出を相当と認めるとき。
 (1)統計調査、世論調査、学術研究その他の調査研究のうち、公益性が高いと認められるもの。
 (2)公共的な団体が行う地域住民の福祉の向上に寄与する活動のうち、公益性が高いと認められるもの。
 (3)営利以外の目的で行う居住関係の確認のうち、訴訟の提起その他特別の事情による居住関係の確認として市町村長が定めるもの。
 
また、プライバシーの侵害や名誉毀損、差別につながるおそれがあると認められるとき及び閲覧制度の趣旨を逸脱し、不当な目的に使用されるおそれがあると認められるときは閲覧をお断りします。

 

閲覧の申出方法について

閲覧希望日の2週間前までに、住民基本台帳閲覧申出書を市民課に提出してください。
 

閲覧申請

●住民基本台帳閲覧申出書

 国又は地方公共団体の機関(様式第1号)、個人又は法人(様式第2号)

●誓約書(様式第3号)

※様式第1号〜3号は、必要事項の記載があれば任意の様式でも可

●申出者が法人等の場合、法人等の概要がわかるもの(法人登記など)

(共同または委託で閲覧を行う場合は、その法人等の概要がわかるものを含む)

●閲覧を受託している場合は、その契約内容がわかるもの(請負契約書など)

●個人情報保護法を踏まえた事業者の対応がわかるもの(プライバシーポリシーなど)

(共同または委託で閲覧を行う場合は、その法人等の概要がわかるものを含む)

●請求事由にかかる調査や案内等の内容がわかるもの(アンケート調査票などの成果物)
 

閲覧の審査

提出された書類等を確認し、閲覧目的が法等に照らして適当であるかどうか審査します。書類不足や疑義、不明瞭な点がある場合は、閲覧を認めないことがあります。審査結果は後日連絡します。

 

閲覧できる場所

土佐市役所 市民課

 

閲覧方法

閲覧当日は、承認を受けた閲覧者であることを免許証やパスポート、住民基本台帳カード等の顔写真付きの公的な身分証明書および社員証で本人確認させていただきます。また、本人確認書類はコピーをとらせていただくことがあります。

閲覧終了後は、閲覧により転記した事項と閲覧申出書に記載された利用目的とその範囲、閲覧件数等を確認し、閲覧により転記した用紙をコピーさせていただきます。

 

手数料

記載事項1件につき200円
 

閲覧状況の公表

公表方法および場所:土佐市役所ホームページ等に掲載

公表時期:年1回(4月)

公表の内容:閲覧日および申出者名、利用目的、閲覧範囲等
 
Adobe Reader

PDFファイルを開くにはAdobe Readerが必要です。

Adobe Readerは、無料で以下のリンクからダウンロードできます。

「Adobe Reader」のダウンロードはこちらです。