ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地HOME > 試験・講習案内

試験・講習案内

印刷用ページを表示する  掲載日 : 2020/07/14

★救命講習について
 あなたにとって大切な人が突然目の前で倒れたら!その時あなたなら何をしてあげられますか?
このような緊急の場面に居合わせた人の適切な応急手当と119番通報が尊い命を救うためには必要不可欠なのです。

 しかし、「何をしたらよいのか分からない」などの理由から、必要な応急手当がなされていない事が多く、救命のチャンスを逃したり、予後を悪くしている事例も少なくないのが現状です。

 命の尊さを知り、そして、このかけがえのない命を救うことの出来る心肺蘇生法を身に付け、人に対して手を差し伸べられる勇気と、人が倒れたら自分の家族同様に助けられる愛情を!この講習会を通して学ぶことを目的としています。

 尚、受講に際しての費用は無料ですのでお気軽にお申し込み下さい。


救命講習


救命講習の種別について
 今までの普通救命講習(I)、普通救命講習(II)、上級救命講習に加え、新たに普通救命講習(III)と救命入門コースができました。また、e-ラーニング(インターネット上の講習)を活用した講習が可能となりました。

普通救命講習(I)(180分)
 主に成人に対する心肺蘇生法を中心に、AEDの使用法、止血法を学ぶ講習です。

普通救命講習(II)(240分)
 普通救命講習(I)と同じ講習内容で、筆記試験、実技試験があり講習時間が4時間となります。受講対象者は、業務の内容や活動領域の性格から一定頻度で心停止者に対し応急の対応をすることが期待・想定されている方を対象とした講習です。

普通救命講習(III)(180分)
 主に小児、乳幼児、新生児に対する心肺蘇生法を中心に、AEDの使用法、止血法を学ぶ講習です。

上級救命講習 (480分)
 成人、小児、乳児、新生児に対する心肺蘇生法を中心に、AEDの使用法・止血法の他に、傷病者管理法、外傷の手当要領、搬送法を学ぶ講習です。講習時間は8時間で受講対象者は、業務の内容や活動領域の性格から一定頻度で心停止者に対し応急の対応をすることが期待・想定されている方を対象とした講習です。

救命入門コース(90分)
 胸骨圧迫及びAEDの取扱いを学ぶ講習です。

応急手当コース
 心肺蘇生法、包帯法、AED使用方法、副子による固定法、搬送法、止血法等の講習内容を希望の講習時間で学ぶ講習です。

○e-ラーニングを利用した講習
 事前にe-ラーニング(インターネット上の講習)で必要な事前座学学習(60分)を受講し、その後概ね1ヶ月以内に実技救命講習(120分)を受講すれば、普通救命講習(I)を修了したと認め、修了証を交付いたします。(申込時、団体内の全ての人が事前学習済みで、当日に受講証明書の呈示が必要となりますので、事前にご連絡ください。)

○救命入門コースからのステップアップ
 救命入門コース受講後、概ね1年以内に実技救命講習(120分)を受講することで、普通救命講習(I)を修了したと認め、修了証を交付いたします。


救命講習1