ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地HOME > 地域福祉 - 障害福祉 -

地域福祉 - 障害福祉 -

印刷用ページを表示する  掲載日 : 2019/05/15

障害福祉


障害者計画及び障害福祉計画

 近年、障害者を取り巻く環境は大きく変化し、障害者や家族などの高齢化、障害の重度化・重複化により障害福祉のニーズは複雑多様化しています。また、「親亡き後」を見据え、住み慣れた地域で安心して暮らしていけるよう様々な支援を切れ目なく提供できる仕組みを構築することが求められています。
 前述の社会的背景に対応していくため、子どもや高齢者及び障害者の尊厳の保持と自立生活の支援を目的とし、可能な限り住み慣れた地域でその有する能力に応じて自立した日常生活を営むことができるよう、医療、介護、介護予防、住まい及び自立した日常生活の支援が包括的に確保される体制、すなわち地域包括ケアシステムの構築を推進していくことが求められています。
 地域包括ケアシステムとは、「介護」、「医療」、「予防」という専門的なサービスと、その前提としての「住まい」と「生活支援・福祉サービス」が相互に関係し、連携しながら在宅生活を支えられるよう環境を整え、相互に関連づけて推進していくものとされています。
 土佐市では、子どもから高齢者、障害者、生活困窮者など全ての市民一人一人が地域社会の一員として包み支え合う心豊かな暮らしを実現し、「地域で障害のある人もない人もすべての人がいきいきと暮らせるまち(自立生活と共生社会の実現)」を目指して、「土佐市第2期障害者計画・第5期障害福祉計画」を策定します。

 障害者計画は、本市における障害福祉に関する総合的な計画で、障害のある人の自立や社会参加をはじめとする総合的な支援の充実を図るために策定し、新たな施策を推進していくものです。
 障害福祉計画は、障害福祉サービス等の基盤整備を図るために策定するもので、障害者計画と一体的に策定しています。
 また、障害児支援の提供体制の確保にかかる目標やサービス量などを策定する障害児福祉計画についても一体的に策定しています。
 計画期間は、平成30年度から平成32年度までの3年間です。

〈問い合わせ先〉
土佐市役所 福祉事務所 地域福祉班
電話:088−852−1204


Adobe Reader

PDFファイルを開くにはAdobe Readerが必要です。

Adobe Readerは、無料で以下のリンクからダウンロードできます。

「Adobe Reader」のダウンロードはこちらです。