ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地HOME > 産前産後期間の国民年金保険料の免除について

産前産後期間の国民年金保険料の免除について

印刷用ページを表示する  掲載日 : 2020/06/12

出産予定日または出産日が属する月の前月から4か月間の国民年
金保険料が免除される制度です。(多胎妊娠の場合は、出産予定
日または出産日が属する月の3カ月前から6カ月間の国民年金保
険料が免除されます。)
 ただし、届出がないと適応されませんので、対象となる方は忘
れずに届出をお願いします。
 ※出産とは、妊娠85日(4カ月)以上の出産をいいます。
(死産、流産、早産された方を含みます。)
対象者:国民年金第1号被保険者で、出産日が平成31年2月1
日以降の方
<届出時期>
 出産予定日の6カ月前から届出可能です。出産後でも届出可能
ですが、その場合は出産日の属する月の前月から翌々月までの4
カ月間となります。
<届出先>市民課医療年金係(お住いの市区町村の国民年金担当
窓口)
<届出の際に必要な添付書類について>
 出産前の届出の場合:母子健康手帳など
 出産後の届出の場合:原則不要。ただし、被保険者と子が別世
帯の場合は出生証明書など出産日及び親子関係を明らかにする書

<産前産後期間の取扱いについて>
 産前産後期間として認められた期間は、保険料を納付したもの
として老齢基礎年金の受給額に反映されます。
<平成31年2月・3月に出産された方>
 保険料免除が適応されるのは、2月に出産された方は4月分、
3月に出産された方は4月分と5月分が免除となります。
<付加保険料の納付について>
 産前産後期間については、保険料は免除されますが、付加保険
料は納付することができます。
<保険料を前納している方>
 保険料を納付されている場合、産前産後期間の保険料は還付さ
れます。

現時点では、産前産後免除の届出についての届出期限はありませ
ん。
国民年金第1号被保険者の方で、平成31年2月1日以降に出産
されて産前産後免除の手続きがまだお済みでない方は、早めの届
出をお願いします。