ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地HOME > 監査委員の構成と仕事内容

監査委員の構成と仕事内容

印刷用ページを表示する  掲載日 : 2020/02/26

● 監査委員 (3名)(地方自治法第195条及び第196条)
   上村 長博
   (識見・代表監査委員、任期 R元.9.11〜R5.9.10)
   横内 浩二
   (識見、任期 R2.6.10〜R6.6.9)
   中田 勝利
   (議選、任期 H30.5.11〜R4.5.3)


● 監査委員事務局(2名)(地方自治法第200条)
   事務局長及び事務局員1名


● 監査等の実施

(監査基準)
   地方自治法の改正による監査制度の充実強化を実施する
  ために令和2年3月24日付土佐市監査基準の制定(法律
  の規定により監査委員が行う)を行いました。
   従って、全ての監査等は監査基準に沿って行政執行上の
  リスクに着目して実施されます。
   監査等がこれにより大きく変わる点は、必ずしも結果と
  して不適正な行為が行われていない場合でも、そうしたこ
  とが起こりうるリスクを考慮し、行政執行方法等の改善に
  つき、監査委員の意見等が出されることがある点です。
  

 1 例月出納検査(地方自治法235条の2)
    毎月20日から末日までの間実施
    ・例月出納報告書の係数の確認
    ・現金等の保管の確認
    ・支出命令等の検査

 2 定期監査(地方自治法第199条、土佐市監査事務執行規程
   第3条第3項)
    年3回実施
    ・財務事務監査
    ・経営に係る事務管理監査
    ・併せて行政事務監査(地方自治法第199条第2項)
 
 3 随時監査(地方自治法第199条第5項)
    監査委員が必要があると認めるとき、定期監査に準じて
    実施

 4 決算審査(地方自治法第233条、地方公営企業法30条)
    ・水道事業会計 6月実施
    ・病院事業会計 6月〜7月にかけ実施
    ・一般会計・特別会計等 7月〜8月にかけ実施
 
 5 財政健全化判断比率等審査(地方公共団体の財政健全化に
   関する法律第3条及び22条)
    決算審査に合わせて、8月に実施
    ・実質赤字比率、連結実質赤字比率、実質公債費比率、
     将来負担比率、これら「健全化判断比率」の審査
    ・公営企業の資金不足比率の審査
 
 6 財政援助団体等監査(地方自治法第199条第7項)
    2月に実施(補助金交付団体、出資団体等の監査)

 7 直接請求監査(地方自治法第75条)
    選挙権を有する者の内その総数の50分の1以上の連署
    をもって、その代表者が監査請求を行うことにより実施

 8 住民監査請求(地方自治法242条)
    違法若しくは不当な公金の支出、公金の賦課、徴収等に
    対する住民からの措置請求に基づき実施 


Adobe Reader

PDFファイルを開くにはAdobe Readerが必要です。

Adobe Readerは、無料で以下のリンクからダウンロードできます。

「Adobe Reader」のダウンロードはこちらです。