ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地HOME > 可燃系粗大ごみの取扱いについて

可燃系粗大ごみの取扱いについて

印刷用ページを表示する  掲載日 : 2020/08/13

 現在、可燃系粗大ごみの処理量が増加しており、通常の処理業務に支障をきたす可能性があります。
 このため、事業活動に伴って発生する伐採木(剪定枝等で指程度の太さのものを50センチ以下に切断したものは可燃ごみとして受け込みます)、建物や農業用ハウスに使用されていた木材につきましては、再生利用業者などへの持ち込みをお願いします。また、大量に発生した木材ごみにつきましては、持ち込みをお断りすることがあります。

 ご不便をおかけしますが、ご理解いただきますようよろしくお願いします。