ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地HOME > 遺跡のある土地で土木工事等を行う際の手続きについて

遺跡のある土地で土木工事等を行う際の手続きについて

印刷用ページを表示する  掲載日 : 2020/07/31

 遺跡(埋蔵文化財)は『文化財保護法』により「貴重な国民的財産」と位置づけられています。

 土佐市内の埋蔵文化財を包蔵する土地を発掘する場合は、発掘に着手する日の30日前までに文化庁長官に届け出なければなりません(文化財保護法第92条及び第93条)。窓口が市町村教育委員会となっておりますので、該当の場合は土佐市教育委員会事務局生涯学習課まで届出様式(第7号様式)をご提出ください。
 遺跡名等の詳細についてのお問い合わせにつきましても、下記までお願いいたします。

[お問い合わせ先]市生涯学習課(TEL:088−852−7696)


土佐市の埋蔵文化財包蔵地(地図)


Adobe Reader

PDFファイルを開くにはAdobe Readerが必要です。

Adobe Readerは、無料で以下のリンクからダウンロードできます。

「Adobe Reader」のダウンロードはこちらです。