ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地HOME > 子育て世帯生活支援特別給付金

子育て世帯生活支援特別給付金

印刷用ページを表示する  掲載日 : 2021/04/28

 新型コロナウイルス感染症による影響が長期化する中で、低所得の子育て世帯に対し、その実情を踏まえた生活の支援を行う観点から、臨時的な措置として「子育て世帯生活支援特別給付金」を支給します。
 この制度は全国一律の制度で、支給対象者は「低所得のひとり親世帯」と「その他低所得の子育て世帯」で、給付額は児童1人当たり一律5万円です。

低所得のひとり親世帯

  • 支給対象者

ア 令和3年4月分の児童扶養手当の支給を受けている方
イ 公的年金給付等(遺族年金、障害年金、老齢年金、労災年金、遺族補償等)を受けていることにより児童扶養手当の支給を受けていない方
ウ 新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変し、収入が児童扶養手当の対象となる水準に下がった方

「低所得のひとり親世帯」支給対象者「ア」の方の支給について

申請は不要で、令和3年4月分の児童扶養手当の支給口座に、令和3年5月11日に振込済みです。

「低所得のひとり親世帯」支給対象者「イ」に該当する方

申請が必要です。
(1)申請期限 令和4年2月28日
(2)支給時期 申請があり次第、随時支給します。
(3)申請に必要なもの
・戸籍謄本
・年金の金額が分かるものの写し(年金振込通知書・年金額確定通知書等)
・令和3年1月1日時点の住所が土佐市外の方⇒令和3年度の所得課税証明書
・本人確認書類
・本人名義の通帳
・下記申請書様式

「低所得のひとり親世帯」支給対象者「ウ」に該当する方

申請が必要です。
(1)申請期限 令和4年2月28日
(2)支給時期 申請があり次第、随時支給します。
(3)申請に必要なもの
・戸籍謄本
・令和3年1月分以降の任意の1カ月分の収入が分かるものの写し(給与明細、給与の振込通帳等)
・本人確認書類
・本人名義の通帳
・下記申請書様式

その他低所得の子育て世帯

  • 支給対象者

ア 令和3年4月分の児童手当または特別児童扶養手当を受給しており、受給者の令和3年度分の住民税(均等割)が非課税の方
イ アのほか、対象児童(令和3年3月31日時点で18歳未満の子(障害児については20歳未満))の養育者であって、以下のいずれかに該当する方
 ・令和3年度分の住民税(均等割)が非課税である方
 ・新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変し、令和3年度分の住民税(均等割)が非課税である方と同様の事情にあると認められる方【家計急変者】

※ひとり親世帯分の給付金の支給を受けている方は、対象になりません。

「その他低所得の子育て世帯」支給対象者「ア」の方の支給について

申請は不要で、令和3年4月分の児童手当または特別児童扶養手当の支給口座に、令和3年7月28日に振込済みです。

「その他低所得の子育て世帯」支給対象者「イ」に該当する方

申請が必要です。
(1)申請期限 令和4年2月28日
(2)支給時期 申請があり次第、随時支給します。
(3)申請に必要なもの
 「令和3年度分の住民税(均等割)が非課税の方」
・申請者の世帯の状況、児童との関係性を確認できる書類(戸籍謄本、住民票等)※申請者、子ともに土佐市に住民票がある場合は不要です。
・本人確認書類
・本人名義の通帳
※高校生のみ養育している世帯で、令和3年1月1日時点の住所が土佐市外の方は、父、母両方の令和3年度分の所得課税証明書が必要になります。

 「家計急変者」
・申請者の世帯の状況、児童との関係性を確認できる書類(戸籍謄本、住民票等)※申請者、子ともに土佐市に住民票がある場合は不要です。
・本人確認書類
・本人名義の通帳
・父、母両方の令和3年1月以降の任意の1月分の収入がわかるもの(給与明細等)

お問い合わせ先

【制度に関するお問い合わせ先】
厚生労働省 コールセンター
電話番号:(ひとり親世帯)0120−400−903、(その他子育て世帯)0120−811−166
受付時間:平日午前9時〜午後6時まで

【申請に関するお問い合わせ先】
土佐市福祉事務所地域福祉班
電話番号:088−852−7778
受付時間:平日午前8時30分〜午後5時15分まで

”振り込め詐欺”や”個人情報の詐欺”にご注意ください

 ご自宅や職場などに都道府県・市区町村や厚生労働省(の職員)などをかたった不審な電話がかかってきたり、不審な郵便が届いた場合は、土佐市の窓口や最寄りの警察署(または警察相談専用電話(#9110))にご連絡ください。