ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地HOME > 新型コロナウイルス感染症で療養等をされている方の郵便等による投票について

新型コロナウイルス感染症で療養等をされている方の郵便等による投票について

印刷用ページを表示する  掲載日 : 2022/06/22

特例郵便等投票制度

「特定患者等の郵便等を用いて行う投票方法の特例に関する法律」が令和3年6月18日に公布、6月23日施行されたことで、新型コロナウイルス感染症により療養等されている方は、一定の要件を満たせば、郵便等で投票できるようになりました。

【対象となる方】
・感染症法・検疫法の規定により外出自粛要請を受けた方
・検疫法の規定により隔離又は停留の措置を受けて宿泊施設内に収容されている方
・投票用紙の請求の時点で、外出自粛要請等の期間が、公示日(告示日)の翌日から選挙日の当日までの期間にかかると見込まれる方。
 

投票用紙等の請求手続き

投票日の4日前(必着)までに、「特例郵便等投票請求書」と「保健所から交付された外出自粛要請等に係る書面」を、「料金受取払郵便の表示(土佐市選挙管理委員会宛て)」を貼った封筒に封入し、ファスナー付きの透明ケース等に入れ、ケースの表面をアルコール消毒液等で消毒のうえ、同居人・知人等(患者でない方)が郵便ポストに投函してください。

※電話等で選挙管理委員会にご連絡をいただいた方には、特例郵便等投票請求書、返信用封筒、ファスナー付きの透明ケースを郵送します。
※投票用紙等の請求の時点で「外出自粛要請等に係る書面」が保健所から交付されていない場合は、その理由を「請求書」に記載いただければ、書面がなくても投票用紙を請求することは可能です。
※請求期間が短いため、できるだけ早めの手続きをお願いします。
※請求手続きの詳細については、下記「投票用紙等の請求手続きについて」をご覧ください。
 

投票の手続き

  • 選挙管理委員会から投票用紙や投票用封筒などが届いたら、必ず下記「投票の手続きについて」をご覧のうえ、手続きを進めてください。
  • 特例郵便等投票の手続きにおいては、公正確保のため、他人の投票に対する干渉や、なりすまし等詐偽の方法による投票について、公職選挙法上の罰則(投票干渉罪(1年以下の禁錮又は30万円以下の罰金)、詐偽投票罪(2年以下の禁錮又は30万円以下の罰金))が設けられています。

注意事項

  • 感染拡大防止のため、手指を消毒し、マスクと手袋を着用したうえで、請求手続きや投票手続きを行ってください。
  • 投票用紙の交付後に、外出自粛要請等が終了し投票所で投票することになった場合は、既に交付した投票用紙を返還する必要があります。

罰則


Adobe Reader

PDFファイルを開くにはAdobe Readerが必要です。

Adobe Readerは、無料で以下のリンクからダウンロードできます。

「Adobe Reader」のダウンロードはこちらです。